menu

POSレジ・POSシステムの選び方【飲食業向け】

POSレジを検討中の担当者様へ!

「POSレジってどんなもの?」
「POSレジの導入を考えているが、どうすれば良い?」
「POSレジをお店に入れるとどう変わる?」

など、あなたのお店にPOSレジを入れてみたい方の為の情報をご紹介します。

▼POSシステム導入をお考えならこちら▼

飲食店向けPOSレジとは?レジスターとの違いは?

コンビニやスーパーマーケットでお馴染みなのがPOSレジです。商品のお会計や売上記録に活用されるPOSレジですが、最近では飲食店向けに進化したPOSレジの需要が高まっています。

POSレジとは

POSレジとは商品を販売した時点で売上情報を記録できるレジスターのことです。POSは「Point Of Sale(販売時点)」という意味、レジスターとは金銭登録機のことを指しています。

消費者の皆さんがよく見かけるPOSレジとしては、コンビニやスーパーマーケットのレジ(キャッシャー)が挙げられるでしょう。

コンビニやスーパーの店舗では、レジ係がバーコードリーダーで「ピッピッ」と商品情報を読み取る姿を日常的に目にしますね。こうした情報を記録したり本部に送信しているのがPOSレジなのです。

レジスターとの違い

POSレジは従来のレジスターが進化した新しいタイプのレジ機器です。

従来のレジスターの機能

レジスターの日本語訳が「金銭登録機」というように、従来のレジスターは単に売上金額を計算するものでしかありませんでした。レジ係は機器に商品の値段を打ち込み、「A商品は1000円、B商品は2500円、合計3500円」というように計算していたわけです。

従来のレジスターが持っていた機能は、商品価格の計算(合計額・消費税・お釣り金額など)が主でした。その後、多少の進歩はあったものの、個別の商品がどのくらい売れたかを集計するといった程度に留まったのです。

進化したPOSレジの機能

POSレジは「販売時点情報管理」の機能を持つレジスターです。その特徴は従来のレジスターにはない情報の即時データ化にあります。

POSレジに「A商品1個を販売、B商品2個を販売」というように情報が入ると、「いつ」「どの商品が」「何個」「どんなお客様に」「どの商品といっしょに」「いくらの価格で」売られたのかがデータ化されます。

このデータ化された情報は店舗内だけでなく、支社・本社・本部・物流倉庫などに即刻届けられます。集められた情報は蓄積されて売上分析のための貴重なデータとなったり、各店舗で不足している商品の補充を行なうための資料となります。

飲食店向けPOSレジ

POSレジが活躍するのはコンビニやスーパーマーケットだけではありません。現在では飲食店経営でもPOSレジは欠かせないアイテムとなっています。

飲食店向けPOSレジには、次のような便利な機能があります。

注文管理システム

POSレジ活用でお客様の注文を間違いなく厨房に伝え、連絡ミスや連絡忘れを防止できます

売上管理システム

いつ(月日・曜日・時間)、どんなお客様に(性別・年齢・人数)、どんな商品が(食事・飲み物・デザート)、どれだけ(個数・量)の売上(金額・客単価)があったのかをデータ化できます。

順番管理システム

順番待ちのお客様をPOSレジで管理でき、ご案内の際のトラブルを防止します

顧客管理システム

顧客の飲食の嗜好、記念日、来店記録などの情報をデータ化し顧客満足度の向上に役立ちます

飲食店向けPOSレジを利用するメリットは?

POSレジは飲食店に不可欠なアイテムとなっています。そこで飲食店がPOSレジを活用する5つのメリットについてまとめてみました。飲食店向けPOSレジの活用で売上向上や業務効率化を実現してください。

1.データ利用で売上向上!

POSレジ活用のメリットで、どの飲食店様でもTOPに挙げるのがデータ利用による売り上げ向上です。飲食店向けPOSレジでは次のようなデータを売上げ向上に役立てることができます。

・季節、月、日、曜日、時間帯ごとの売上データ
・お客様の性別や年齢と注文メニューのデータ
・お客様の人数と注文メニュー、個数のデータ
・お客様に同時に注文されたメニューのデータ
・キャンペーン中に注文されたメニューのデータ

上記のようなデータを収集分析することにより、「いつ何が売れたか」「誰に何が売れたか」等の動向を把握可能になるのです。これにより売れ筋メニューの開発や価格構成の決定が容易になり、売れる商品・売るべき商品を見極めて売上向上に活用できます。

2.POSレジで業務効率UP!

POSレジには業務効率を向上させる次の機能が付いています。

・予約システムで順番待ちのお客様を合理的に管理
・ハンディ端末でお客様の注文を入力、レシート出力も可
・入力された注文はダイレクトに厨房に送信して閲覧(印刷)
・お会計を自動計算、記入漏れや計算間違いを防止
・営業終わりのレジ締めも自動的に実施、集計も簡単
・日別、月別、曜日別のデータ集計で店舗運営も楽々

従来は手作業で行なっていた業務を飛躍的に効率アップできます

3.在庫管理・店舗管理を合理化!

POSレジの最大の魅力は販売動向を即時データ化できるということです。今現在、どんな商品が売れているのか、今日の販売状況はどうなのかをリアルタイムで知ることができます。これにより店舗で売れている商品は何か、不足している商品は何かが一目瞭然です。

複数店舗をお持ちの経営者様は、今どの店舗で何が売れているか、足りないものは何かといったデータを居ながらにして知ることができます。商品だけでなく従業員の不足やシフト管理も可能なPOSレジ機能を活用すれば店舗経営も合理化できるのです。

4.顧客管理データで販売促進!

飲食店様にとって顧客管理は必須業務のひとつです。POSレジを活用するとお客様の誕生日や記念日などのデータを管理することができ、効果的なDM発信で販売促進に大いに役立てることが可能です。

お客様ごとの売上データ、来店履歴データを集計し、将来需要の予測と販促活動でお店の販売促進につなげられます。

5.従業員管理で経営を効率化!

POSレジは商品販売に役立つだけではありません。レジ担当スタッフの不正防止や従業員の勤怠管理にも活用できます。

・スタッフのシフト表を簡単に作成できる
・時給、残業代、深夜割増など給与を自動計算できる
・複数店舗のシフト管理が一目瞭然で手軽にできる

飲食店にとって従業員管理は経営効率化の要ともいうべきものです。POSレジ活用で効率的な従業員管理を実現してください。

▼POSシステム導入をお考えならこちら▼

『POSシステム一括お問い合わせ』では、日本全国にある「POSシステム・POSレジ」導入会社の見積り比較が一括で行えるサイトです。

「どこのPOSシステム会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんなタイプのPOSシステムが合うのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積りは無料ですので、先ずはお問い合わせください。


飲食店向けPOSレジ導入でどんな業務が変わる?

POSレジを導入すると飲食店の業務は次のように変わります。飲食店向けPOSレジで業務が効率化・合理化できるだけでなく、迅速性や正確性もアップするのは大きなメリットです。

店内系業務

オーダー、注文管理

これまではオーダーを伝票に手書きしていたり、その伝票をスタッフがキッチンまで運んでいたのではありませんか?飲食店向けPOSレジを導入すると、お客様からのオーダーをハンディ端末で入力、その内容をキッチンのディスプレイで見たりプリンタ出力もすることができます。

オーダー伝票を手書きする手間を省ける
・記載ミスや漏れを防ぐことができる
・伝票をキッチンに持って行かなくても済む
・読みにくい手書き文字の判読で困らない
・ディスプレイで注文管理ができる
厨房業務のオペレーションを効率化できる

予約管理、お客様ご案内

飲食店向けPOSレジなら、お客様からの予約受注や順番待ち管理も効率的に行なえます。これまではノートに手書きしたりパソコンに入力していた予約受注も、POSレジで簡単に管理することができます。来店されたお客様の順番待ち管理も可能です。

予約管理は月日、時間、座席ごとに管理できる
・予約表は店舗以外にも本部や事務所でも見られる
・予約表が見られるから店舗以外でも予約を受けられる
・順番待ちのお客様をPOSレジで管理できる
・POSレジ管理でお席案内のトラブルを防げる

お会計、電子マネー対応

飲食店の業務で効率化がむずかしいお会計もPOSレジ導入で合理的に行なえるようになります。

・オーダー時点で会計伝票の作成ができる
・改めてレジに金額を打ち込む必要がなくなる
・お会計計算やお釣り計算も自動的に可能
・割り勘対応機能付きでお客様に業務が迅速化
・電子マネー対応なのでレジ業務の面倒がなくなる
・ポイント発行、クーポン発行もPOSレジで可能
・POSレジで割引、割増、手数料などの計算も

事務系業務

売上データの収集、分析

POSレジ導入で売上データの収集と分析が効率的に行なえるようになります。わざわざパソコンにデータを入力したり、手作業によるグラフ作りや手計算をする必要はありません。

・月日、曜日、時間帯ごとにデータを抽出計算
・各種データの一覧表も簡単に作成できる
・お客様の属性(性別、年齢、利用頻度)をデータ化
・いつ、誰に、何が売れたかを「見える化」できる
・データ分析を元に販売戦略が立てやすくなる
・売上の月次管理、日時管理、週次管理も容易になる
・売上成績のグラフ化で分かりやすい、分析しやすい
・PDCA(計画、実行、評価、改善)がスピーディーに

経理処理、会計処理

飲食店の経理や会計の業務は煩雑で時間がかかります。手書き記帳は手間がかかるだけでなく記載ミスや記載漏れが起こりやすく、決算や確定申告の時期は頭が痛いという経営者様も少なくありません。

面倒な経理処理、会計処理には飲食店向けPOSレジの導入が問題解決をサポートしてくれます。

・POSレジ利用でデータ化された情報が自動仕訳できる
・現金売上、カード売上などの入力や計算が不要になる
・複数店舗の売上管理もPOSレジ導入で容易になる

飲食店向けPOSレジにかかる費用と相場は?

飲食店にPOSレジを導入する場合、知っておきたいのが「費用」と「相場」です。POSレジは種類やグレードで価格が異なります。どんなPOSレジを選ぶか決める前に、まずは必要なコストと相場を理解しておきましょう

飲食店向けPOSレジの種類

飲食店に導入されているPOSレジで主流となっているのが「POS専用機」「タブレット型機」「多機能型機」の3種類です。

POS専用機

コンビニやファーストフード店でもよく使用されているタイプのPOSレジです。キャッシャー専門で、お客様の会計を行なったときに情報を登録できます。

タブレット型機

ファミレスなどの飲食店でよく使用されるタイプのPOSレジです。タブレット端末やスマホ端末が利用でき、注文入力と会計業務に特化したタイプです。

多機能(中間)型機

POS専用機とタブレット型機の機能を併せ持つPOSレジです。端末利用が可能なのに加え、POS専用機の機能のうち飲食店向けに特化した機能を備えているのが特徴です。

POSレジにかかる費用と相場

飲食店向けPOSレジ導入にかかる標準的な費用を調べてみました。代表的な飲食店向けPOSレジと必要となる機器、それぞれの費用の相場です。

従来型POS専用機

必要となる主な機器と費用

POSレジ本体、キャッシュドロワ
レシートプリンター、キッチンプリンター
ハンディ、ハンディ用充電器
客面表示器、無線アクセスポイント
プリンター用キーボード
ソフト一式
初期設定、設置、操作指導料
保守点検料

費用の相場

市販機種:50~100万円
オーダー機種:120~180万円

タブレット型機

必要となる主な機器と費用

端末機器(タブレット、スマホ等)
レシートプリンター、キッチンプリンター
キャッシュドロワ
初期設定、設置、操作指導料
保守点検料

費用の相場

市販機種:10~30万円
オーダー機種:50~70万円

多機能(中間)型機

POSレジ本体、キャッシュドロワ
端末機器(タブレット、スマホ等)
レシートプリンター、キッチンプリンター
ハンディ、ハンディ用充電器
客面表示器、無線アクセスポイント
プリンター用キーボード
ソフト一式
初期設定、設置、操作指導料
保守点検料

費用の相場

市販機種:30~50万円
オーダー機種:70~90万円

ここで紹介したPOSレジにかかる費用と相場はあくまで目安です。大手メーカーの機器や高度な機能のある機器を導入すれば費用も高めになります。

導入コスト(初期費用)だけでなく、ランニングコストも機種によって異なりますので、総合的に判断されることをオススメします。

飲食店向けPOSレジの選び方

「POSレジを導入したいが…」「種類が多過ぎて選び方が分からない」という声をよく耳にします。選ぶポイントは価格?機能?ランニングコスト?と悩んでしまう方は多いようです。

飲食店向けのPOSレジ選びには5つのポイントがあります。ぜひ、以下の5つのポイントに留意して貴店に合ったPOSレジを選んでください!

1.POSレジ導入の目的を明確に!

飲食店の業務は「POSレジさえ導入すれば効率化する」というわけではありません。メーカーが「この機能は素晴らしいですよ」「最新機能で業務が合理化できますよ」と宣伝していても、自店の業務内容に不要であれば無意味になります。

・POSレジに何を求めているのか?
・POSレジのどんな機能が欲しいのか?
・POSレジによって何を改善したいのか?

POSレジを選ぶ際は、上記のような「POSレジを導入する目的は何なのか?」を明確にしておきましょう。

2.店舗の状況を把握して選択!

飲食店向けのPOSレジといっても、その種類・機能・価格はさまざまです。「機能が多ければ多いほどいい」「価格がリーズナブルならいい」といった理由で選ぶのではなく、自店の状況を把握したうえで選ぶ必要があります。

・POSレジを利用する店舗数はどのくらい?
・今後、店舗数を増やす予定がある?ない?
・店舗の業務にPOSレジを活用できる範囲は?

店舗数が多く今後も拡大予定であれば、将来を見据えた拡張性の高いシステムを持つPOSレジが適しています。単店もしくは店舗数が小規模あれば、小回りが利いて使いやすいPOSレジを選ぶと便利なだけでなくコスト削減が可能になります。

3.価格やランニングコストも重要!

POSレジの選び方で費用の面を外して考えることはできません。高価なPOSレジには多様な機能が付いており、上手く活用できれば便利なことは事実です。多機能・高機能のPOSレジを導入しても上手く活用できなかったり、まったく使用しなければ「宝の持ち腐れ」となります。

店舗に導入するPOSレジ選びでは初期費用に加え、ランニングコストも含めたうえで総合的に判断してください。

4.現場の声をPOSレジ選びに活かす!

飲食店向けPOSレジを選ぶ際は、フロアや厨房、キャッシャーなど現場の声を活かすことが重要です

どんなに素晴らしいPOSレジでも、現場スタッフが「必要性を感じなかった」「前のやり方のほうが便利だった」「いい機能でも使いこなせない」となったのでは意味がなくなります。

5.運用や保守サポートも考慮しよう!

POSレジには便利な機能が満載されています。注文や会計時に使用できるほか、お客様情報の登録や顧客管理、売上データ集計、店舗管理、在庫管理などにも幅広く利用可能です。

こうした機能を使いこなすには、システムを運用できるスタッフが必要となります。POSレジ導入後に誰がシステムを運用するのか、保守サポートは誰がするのか等を事前に考慮したうえで導入機を選択しましょう。

飲食店向けPOSレジの一括見積を使うメリット

POSレジ選びで頭を悩ませているなら、飲食店向けPOSレジの一括見積を利用してみてはいかがでしょうか?

POSレジの一括見積とは?

POSレジの見積を一括して取れるのが「一括見積」です。飲食店向けのPOSレジを取扱っている複数のメーカーや業者にWEBサイトから簡単にアクセスでき、機能・価格・コスト・納期など問い合わせも一括して行えます。

飲食店向けPOSレジの商品詳細や価格、納期、導入事例などもチェックでき、自店に最適なPOSレジ選びの比較検討が簡単にできるのが一括見積なのです。

POSレジの一括見積には次の4つのメリットがあります。

一括見積で時間短縮できる!

飲食店向けのPOSレジ選びに一括見積を利用しなかった場合、インターネットでメーカーのWEBページを一つひとつチェックするなど大きな手間がかかります。時間をかけて調べた結果、情報が少な過ぎたり多過ぎたりで選択がむずかしくなることもありますね。

POSレジの一括見積を使うと、多数のメーカーや業者をいちどにチェックできるので、自分で調べる手間が省け大幅な時間短縮が可能になります。

複数機種を比較検討できる!

一括見積の利用では、複数のメーカー・複数の機器を簡単に比較検討できます。メーカーや業者のWEBサイトをコツコツ調べていたのでは、機種比較や機能比較は簡単にはできません。

その点、一括見積サイトならメーカー検索や機種比較も簡単にできてしまいます。飲食店向けPOSレジの徹底比較も可能なので便利ですよ。

コストパフォーマンスが分かる!

POSレジ選びで重要なのがコストパフォーマンスです。どの機器の機能が優れているか、自店の業務に合った機種はどれか、価格とのバランスはどうか等、コスパに長けているのはどのPOSレジが分かります。

コスパに関する疑問点の問合せも一括で可能なので迷うこともありません。

ベストマッチが実現できる!

飲食店向けPOSレジ選びで重要なのが自店とのベストマッチです。POSレジ選びでポイントになる価格・機能・運用法などを手軽に比較検討できるので最適な機器選びが可能になります。

一括見積サイトからメーカーや業者を選び、商品詳細・導入効果・導入事例などをチェックし、自店にピッタリなPOSレジを選んでください

▼POSシステム導入をお考えならこちら▼

『POSシステム一括お問い合わせ』では、日本全国にある「POSシステム・POSレジ」導入会社の見積り比較が一括で行えるサイトです。

「どこのPOSシステム会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんなタイプのPOSシステムが合うのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積りは無料ですので、先ずはお問い合わせください。